英会話はいくつになってもあこがれ!一緒にぺらぺらを目指しましょう

楽しくしゃべろう!会話志向の英語学習

オンライン教育

オンライン学習で実践!プログラミング入門(初心者/こども)

投稿日:2019年4月3日 更新日:

大学の他にもオンラインで学習する教材やコンテンツは益々増えて、多くのことをオンラインでしかも無料で勉強できるようになりました。その環境が整っていることがその前提条件にはなりますが、いまや専門的分野に特化したオンライン学習サイトもあります。
専門分野ごとにどのようなオンライン学習サイトがあるのかご紹介します。(基本無料)

 

プログラミング学習サイト

IT需要が高まる中、プログラミングのスキルは必須といわれています。

もはやエクセル、ワードではなく“プログラミング”が平均スキルになるのもそう遠くはないはずです。

IT先進国アメリカでは既に幼い頃からプログラミングに親しむためにプログラミング教育が必修になりつつあります。

実際にコードを書いて実践的に独学できるサイトや概念を学べるサイトなどプログラミングに関わるオンラインサイトです。

一部海外のものもありますが、プログラミング言語は共通言語なので実践で理解しましょう。

ちなみに。。これから有用なプログラミング言語は、Java/C言語/C++/C#/Objective-c/PHP/python/Ruby/JavaScript/SQLの10つだそうです。

 

=プログラミング初心者/入門=

○ドットインストール(日本語)
無料動画を利用して学習する。多言語に対応。

○JEEK=CordStudy(日本語)
ブラウザ上で簡単にゲーム感覚で学習できる。JavaScriptに対応。

○CODE PRPE(日本語)
穴埋め形式で指示にしたがってコードを書いていく。実際のアプリを作成できる。ブラウザ上で開発可能。多言語に対応。

○Code 9leap(日本語)
HYML5とJavaScriptが学習できて、簡単なゲームができる。ゲームプログラミングに特化している。

○Code Academy(一部日本語対応)
海外では有名なフリーのプログラミング学習サイト。Java、HTML、JavaScript、Rubyなどが学べる。

○Google Blockiy(英語)
ブラウザ上で学習できる。コードを書くのではなく、パズルのようにコードの代わりになるパーツを組み合わせる。プログラムの概念を学習する。子供と一緒に学習できる。

○Khan Academy(英語)
動画解説でブラウザ内で学習することができる。JavaScriptの開発ができる。

○Code School(英語)
ブラウザー上で学習できる。無料で利用できるが一部は有料となっている。JavaScript、jQuery、HTML、CSS、Ruby、Objective-Cを学習できる。

○Minituku=ミニツク(日本語)
Rubyの学習に特化している。実際に演習で問題を解くことができる。実際の開発者のまつもとひろゆき氏がビデオ出演している。

○Udemy(日本語一部対応)
講師が自分の公開したい動画を公開することができる。講座の価格は自分で設定できる。受講は無料でできるものもある。講師に質問することができる。

○Type IT Academy(日本語)
転職支援会社のTypeが主催するサイト。IT業界の現役テクノロジストがお題を出し、受講者はそれに解答する実践方式の学習です。プログラミング言語に限らずIT業界の業務全般について学べます。

○Codecombat(英語)
ゲーム上で魔博士になってJavaScriptを学習する。指示にしたがってパソコンを操作しコードを書きながら進んでいく。ゲーム感覚でよい。子供とやっても楽しいかも。

○MIT App Inoventor(英語)
プログラミングの知識がなくてもAndroidアプリが作れるというもの。Google Labが終了したのに伴ってMTIに引越し。開発環境の設定が必要。アプリ開発に興味ある人の入門。(注:作成したアプリのストアへの公開はできません。)

 

=こども向け=

○プログラミング(日本語)
子供向けプログラミング教材として文部科学省が開発したもの。パズルのように“絵”を組み合わせて学習いく。

○スクラッチ(日本語対応)
MITメディアラボが開発した、世界的に有名な子供向けプログラミング教育サイト。ブロック(タグ)を組み合わせてプログラミングを行う。構成や機能の概念を理解できる。視覚的な分かりやすさが良い。

○LightBot(英語)
論理指向型パズルゲーム。コードを書くわけではなく、パズルを組み立ててプログラミング概念を学んでいく。iOSとAndroidに対応している。

○KODU(英語)
マイクロソフトが提供するゲーム作成ツール。提供されるアイテムを組み合わせることでゲームが作成できるので子供やエンジニアでない人でも簡単にゲームを作れる。

○Hour of Code(日本語対応)
子供達にプログラミングコードに親しんでもらおうとCode.orgによって企画された。スマホの人気アプリ“AngryBird”をお手本にコードのパズル(タグ)を組み合わせていく。

-オンライン教育

Copyright© 楽しくしゃべろう!会話志向の英語学習 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.